沖タイ阿部岳記者「殺人放火事件の捜査でDNAを要求され拒否しました。究極の個人情報は渡せない」

1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [MX] 2018/06/07(木) 12:54:26.52 ID:4zBLWmY80● BE:844481327-PLT(13345)
私の東京の実家に、警視庁の捜査員が来た。残された封書には「殺人放火事件の関係で」の文字。
帰宅した母が恐る恐る電話すると、22年前の未解決事件の捜査だった。
被害女性が私と同じ大学で、当時の在学生を片っ端から訪ねているという

▼どう調べたのか、捜査員は「息子さんは沖縄ですよね。遠いのでお母さんのDNA型を採取させてください」と持ち掛けた。
母が断ると、「息子さんが(リストから)消せない」と揺さぶった

▼警察は容疑者などのDNA型をデータベースに蓄積し、捜査に使っている。
私が採取に応じたら登録するのか。
電話で直接尋ねると、捜査員は「しない」と即答した。
では書面で明示を、と求めると「できない」という

▼「私が捜査員だったら登録する」と話すのは北海道警の元幹部で「警察捜査の正体」などの著書がある原田宏二さん。
母への採取依頼には「恐ろしい話。どこかで歯止めが必要だ」と驚いた

▼写真や指紋の採取には法の定めがある。
DNA型は新しい手法で、「究極の個人情報」なのにそれがない。外部から運用を点検するすべもない

▼捜査員によると「断るのは百人に一人」だという。
自らが無関係と証明し、捜査の進展に協力したいということだろう。
私も気持ちは変わらない。ただ、何でも無条件に差し出すことに抵抗がある。(阿部岳)

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/261735

阿部 岳(あべ たかし)
沖縄タイムス社北部報道部長
1974年東京都生まれ。
上智大学外国語学部卒。97年沖縄タイムス社入社、政経部県政担当、社会部基地担当、フリーキャップなどを経て現職。
著書 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実(朝日新聞出版)。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/70787

no title

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1528343666/


続きを読む

Source: じゃぱそく!

Source: 世界まとめ.net