日大の記者会見で『内田前監督は”自分は被害者”だと示唆して』周囲は絶句。あくまで選手を守ろうとした

1:記憶たどり。 ★:2018/05/23(水) 21:13:19.99 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00217823-nksports-spo

日本大学が23日、都内の同大本部で、アメリカンフットボール部の選手が悪質な反則で関西学院大の選手を負傷させた問題で、内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)の会見を開いた。

内田監督は、関学大との試合後の囲み取材の中で、自らが反則を指示したと報じていいと発言したと一部で報じられた件について聞かれ「資格没収という大きな責任…だから批判は僕が受けるという。僕が悪いんですと。悪者になる、選手を守らなきゃいかんというのが僕の気持ち」選手を守るために
言った発言だと語った。

関学大側への謝罪の気持ちはなかったのか? と聞かれると「とにかく、僕の責任というのを強く言いたく、謝罪につながらなかった」と語った。

宮川泰介選手(20)が関学大のQBに反則行為をした一連のプレーについては「ボールを見ていて、
宮川選手を見ていない。気付いたら、あれよ、あれよ、次のプレーになったのが正直なところ」と、反則がよく見えていなかったことを強調。「全体を見る僕の責任。ビデオを見るまで、どの程度の反則か分からなかった。ラフプレーで資格、没収だと分かった。それ以外が抜け落ちていたのが正直なところ」と語った。

一連のプレーを映像で確認したのは、9日だという。「ネットに流れた動画も見たが、本当なのかな?
と思い確認した」とも語った。「ビデオを見ないと(反則、プレーが)どの程度か分からない。ひどさの加減が正直いって分かりませんでした。最後の小競り合いは分かったが、それ以外のプレーは
ビデオで確認した」とも語った。

続きを読む

Source: U-1速報

Source: 世界まとめ.net