肉汁ジュワーで食感も味も本物の牛肉。オランダの企業が植物100%のビーフステーキを開発。受注販売開始

0_e
image credit:Vivera

 オランダのヴィヴェラ(Vivera)社は、小麦と大豆タンパク質から作られた植物性ステーキを開発した。

 同社のコマーシャルディレクターを務めるゲルト・ヤン・ホンバート氏によると、現在同社では2018年に「数百万枚」を生産する準備を進めているそうだ。

 「開発段階にある新製品がいくつかあるそうですが、市場に流通している本物の植物性ステーキは聞いたことがありません。今のところ、ビースフテーキの代わりになるものはこれ以外ないでしょう」

 植物性ステーキは待望の食材で、その登場は動物の福祉向上や持続可能性という点において革命的な出来事だ。

続きを読む

Source: カラパイア

Source: 世界まとめ.net