決めては水分!フライパンでアメリカンスタイルのカリカリベーコンを作る方法【ネトメシ】

no title

 ジューシーで肉厚なベーコンも良いけれど、カリッカリに焼いたクリスピータイプのベーコンも良いものだ。

 ベーコン好きの集まるアメリカでは、板のように立つほどカリカリに焼いたベーコンを好んで食するようだ。まるでビーフジャーキーのようで、我々の想像するヤツよりもっとカリカリなのだ。

 一度食べたら病みつきになるカリカリベーコンは、そのまま食べてもおいしいし、様々な料理との相性もばっちり。

 今回はフライパンを使ったカリカリベーコンの作り方のコツを紹介しよう。

 使用するベーコンはコンビニなど売られているものでOKだ。決めては水を入れること。あとはじっくりコトコト水分と油分を飛ばしていけば、あらやだ素敵。アメリカンスタイルのカリカリベーコンが出来上がる。

続きを読む

Source: カラパイア

Source: 世界まとめ.net