【悲報】日本、空自F-2の後継機に6兆円を投入! でもまた怪しい魔改造機売りつけられるんだろ?

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/05/05(土) 06:35:44.76 ID:TAM3Mlas0.net
日本政府は、航空自衛隊の老朽化したF-2戦闘機の入れ替えを2030年をめどに図るため、新たな戦闘機の製造におよそ6兆円(550億ドル)を費やす計画であることが明らかにされた。

4日付けの日本経済新聞の報道によれば、6兆円の半分は戦闘機の開発と100機の買い入れに投じられ、残りの3兆円はF-2のメインテナンスや廃棄のための費用に充当される。
日経新聞によれば、最も可能性が高いのはロッキード・マーティン社を相手にした取引。同社は日本にすでにF-22とF-35の2機をハイブリッドさせた、ステルス技術の戦闘機の開発プランを提案している。 

ロッキード・マーティン社はこの夏にも新型戦闘機の事前案を提出する。ハイブリッド戦闘機はおそらくF-22とF-35の技術を混合し、両機の性能を凌駕したものになるとみられている。

https://jp.sputniknews.com/japan/201805044844127/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1525469744/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ

Source: 世界まとめ.net