阪神対中日は6-5で阪神が勝利!阪神本拠地連敗6で止める!大山が決勝打

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530706814/

kane
aaa_20180704_212552.mp4_snapshot_00.37_[2018.07.04_21.28.26]
aaa_20180704_212552.mp4_snapshot_01.12_[2018.07.04_21.28.44]

阪神が本拠地連敗6で止める 大山が決勝打 九回、ドリスがヒヤリも逃げ切る

 「阪神6-5中日」(4日、甲子園球場)

 阪神が大山の決勝打で、本拠地・甲子園での連敗を6で止めた。

 同点で迎えた八回、1死からナバーロが左前打でチャンスメーク。俊介が代走で出場すると2死後、大山の打席で4球目に二盗を決めた。得点圏に進むと、大山は続く5球目、外角低めのスライダーをフルスイングした。

 打球は右から左に吹く強風の中、グングンと伸びる。必死に背走した右翼手・平田の頭上を越えた。俊介が悠々と勝ち越しのホームを踏むと、大山は一気に三塁へ。貴重な勝ち越し打に、2年目の若虎は珍しく左手をベンチに向けて、ガッツポーズを見せた。

 打撃不振で6月22日に2軍降格。2軍戦で結果を残し、糸井が故障離脱する緊急事態の中、ほぼ最短での昇格を決めた。この日、「7番・三塁」で昇格後初スタメン。二回に一飛、四回に四球、六回に空振り三振と結果が出ていなかったが、4打席目で試合を決める一振りを見せた。6月15日・楽天戦以来の安打が決勝打になった。

 この回はさらに、梅野が二塁前のボテボテのゴロで、一塁へ懸命のヘッドスライディング。気迫のこもったプレーで3点目を奪い、リードを2点に広げた。結果的にはこの1点が大きかった。

 序盤は阪神の劣勢だった。先発の藤浪は5回1/3を投げ、4安打4失点で途中降板。大きなビハインドを背負ったが、梅野が甲子園で4年ぶりのアーチとなる、今季4号3ランを放つと、六回にナバーロの左犠飛で同点に追い付いていた。

 九回はドリスが登場もヒヤヒヤの19セーブとなった。先頭の代打・亀沢に左前打や一塁失策などで1死満塁の大ピンチでビシエドの一ゴロで1点差に迫られた。さらに2死二、三塁で迎えたアルモンテを何とか空振り三振に仕留めて、勝利をつかんだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000125-dal-base

578: 風吹けば名無し (ワッチョイW a52d-38F0) 2018/07/04(水) 21:25:20.87 ID:8dPutoJK0
カッタデー

581: 風吹けば名無し (スフッ Sd22-wpHe) 2018/07/04(水) 21:25:21.45 ID:DJLXtAy9d
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム@なんJまとめ

Source: 世界まとめ.net