【マジかよ!】岡山の事故ったガキ。ひとり仲間ほっといて歩いて病院いってた・・・

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/07/03(火) 11:22:41.77 ID:aYPbd11Y0●.net
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180703-85597451-a_aaac

乗っていた全員が13歳で、1人が死亡――。岡山市で前代未聞の悲劇が起きた。

 1日午前5時ごろ、同市北区青江の国道で中学2年の男女が乗ったクルマが中央分離帯の支柱に衝突。安部心晴さんが車外に放り出され、頭蓋骨内損傷で死亡した。
このクルマには岡山市の4人と倉敷市の1人が乗っていて、内訳は男3人、女2人。安部さんを除く4人は岡山赤十字病院など3つの病院に入院中だが、命に別条はないという。クルマは5人のうちの1人の家族が所有していた。

 未成年者ということで、県警は慎重に捜査を進めている。

「救急車が駆けつけたとき運転席に人はいたが、その人が運転していたかはハッキリしない。運転者はその後の人生に重荷を背負うことになるので、間違いのないよう時間をかけて調べる方針のようです。
治療中の4人のケガは左大腿骨骨折、左足首骨折、すい臓・肝臓損傷、高エネルギー外傷などです」(捜査事情通)

 現場の国道は制限速度が50キロ。クルマは対向車線で分離帯に乗り上げ、車体の左側面に支柱がめり込む格好で止まっていた。

 救急車が到着したとき、安部さんはもともと走っていた側の車線に投げ出され、1人は助手席にいて、2人はクルマの外に座り込んでいた。残りの1人は現場に姿が見えず、自分で病院に向かったことが分かっている。

「警察は次のような可能性も視野に入れています。
?制限速度は50キロだが、衝撃の大きさからかなりのスピードを出していたのではないか
?その一方で前輪2本がパンクしていることから、パンクが原因でコントロールが利かなかった可能性もある
?日曜の早朝ということで、親が眠っている間にクルマを持ち出した
?5人は岡山市と倉敷市の市立中学4校の生徒。学校が違うため、SNSで知り合ったグループかもしれない」(前出の捜査事情通)

 現場を見た地元関係者は「安部さんが投げ出された車線に血が広がり、車内には血痕のほか靴とスマホが散乱していた」と言い、こう続ける。

「午後になって安部さんの友達らしき少女6人が現場に詰めかけて泣きじゃくり、数人が過呼吸気味になった。6人とも真面目そうな雰囲気でした。
その後、茶髪の人たちが続々と詰めかけ、年齢層は小学生から高校生くらい。ケガをした男子の姉らしき女性が『○○が死ななくてよかった』と言っていたのが聞こえました」

 中学生がどんないきさつで無免許で運転し、大事故を起こしたのか。真相が気になるところだ。

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1530584561/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ

Source: 世界まとめ.net