【立憲民主党】逢坂誠二「野党が何も提案していないなどの批判 〜略〜 弱小野党を批判する意味はないはず」「無能集団、売国奴、何の根拠もない言葉。的確で理に適った批判を」

1: (^ェ^) ★ 2018/07/02(月) 18:00:55.23 ID:CAP_USER9
http://www.buzznews.jp/?p=2117280

立憲民主党の逢坂誠二衆議院議員が7月1日の夜、Twitterで有権者批判を連投しています。
https://twitter.com/seiji_ohsaka/

逢坂議員はまず「野党が何も提案していない」といった声が寄せられる点について「弱小野党を批判する意味はない」と反発。

逢坂「野党が何も提案していないなどの批判がある。安倍政権が何をすべきか、安倍政権に何を期待しているのか、その声も少ない。政権を担っている当事者である安倍政権の現状分析を確実に行うことが必要。議員数の上では圧倒的な多数を安倍政権は握っている。本来、弱小野党を批判する意味はないはず。」
スクリーンショット 2018-07-02 22.06.41

続けて有権者からの厳しい声への不快感を滲ませながらこのように苦言を呈しています。

逢坂「終わっているとか、無能集団とか、売国奴とか、何の根拠もない言葉並べ立てれば、それが批判だと考えている方がいるらしい。そんな直接的な言葉よりも、もっと的確な理にかなった批判をすべき。」

スクリーンショット 2018-07-02 22.07.00

以下略

人気ブログランキング


続きを読む

Source: 正義の見方

Source: 世界まとめ.net