発射4秒後に爆発したホリエモンロケット、心臓部のエンジンに不具合…連続失敗で遠のく宇宙ビジネス!

1: みつを ★
 《 インターステラテクノロジズによる小型ロケットの打ち上げ失敗は民間企業によるロケット開発の難しさを改めて示した。

 (略) 初号機は機体の強度不足が原因だったが、今回は心臓部のメーンエンジンで不具合が起きた。発射後1秒で圧力が低下し、いったん回復したが4秒後に再び低下して機体が落下。これまでの燃焼試験では経験していないトラブルという。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

dims
https://www.sankei.com/life/news/180630/lif1806300046-n1.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530356959/

続きを読む

Source: 軍事・ミリタリー速報☆彡

Source: 世界まとめ.net