【これでバッチリ】新入社員に伝えたい「飲み会の上手な断り方」

1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/06/21(木) 07:44:45.19 ID:WuN70JMl0●.net BE:299336179-PLT(13500)

 断り方には「方程式」がある。この形をしっかり覚えれば、スムーズに断れるようになる。それは(1)声をかけてくれたことへの謝意、(2)参加できない理由、(3)お詫びの言葉、だ。

 (1)まずは、「お声をかけてくださってありがとうございます」「お誘いくださってありがとうございます」と言って、誘ってくれたことに対する感謝の気持ちを伝える。

 (2)次は参加できない理由だ。ポイントは相手が納得できる理由を言うこと。「先約がある」「体調がすぐれない」「用事がある」「資格取得のための勉強をしている」などが典型だろう。

 (3)そして最後が、「残念ですが」「大変申し訳ありませんが」「心苦しいのですが」といった相手に対するお詫びの言葉で結ぶ。これが、断り方の方程式で、メールのときでも、口頭のときでもどちらでも使える。

■お誘いへの謝意を入れ、理由を述べて断る

 難しいのが「断る理由」だ。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00225466-toyo-bus_all&p=4


続きを読む

Source: まとめたニュース

Source: 世界まとめ.net